ル・ルビー Le Rubis

0
 パリで雰囲気がいい本物のビストロに出会いたいなら、訪れるべきはルビーです。
 ワインにこだわる店の名前は、ボジョレー地方のワインに使う黒ブドウ、ガメイのルビー色に由来しています。パリ1区にあるこの古いビストロは、長いことパリのビストロの血肉となっていた「クリュ・デュ・ボジョレー」と呼ばれる上質なボジョレーを今でも守り続けているのです。店の前に置かれた樽の周りでは、パリジャン達がアペリティフを気楽に楽しみます。
rubis-night
 ルビーは本物のビストロの伝統を守り続ける、まさに模範的といえる店。特にパリ1区の、高級店が並び、観光客向けのレストランが多く集まるサン・トノレ通り界隈で非常に重宝するビストロです。常連達は、カウンターで素晴らしい白ワインと生ハムやサラミの盛り合わせ(10€〜)をつまみつつ、隣り合った人たちとの会話を楽しむためにこの店にやって来るのです。特にランチタイムは界隈で抜群のコストパフォーマンスを誇るルビーは沢山の人たちで賑わいます。
rubis-salle
rubis-comptoir カウンターでは、ジャン・フィリップ氏が非常に繊細な白ワインや赤ワインを紹介してくれるでしょう。ルビーは、ワインを自分たちの手で瓶詰めしているパリでも残り少ないビストロの1つ。店の主人はボジョレーを樽買いし、彼自身で瓶詰めするのです。
rubis-rognon
 この店には、ビストロの伝統的料理の見本のようなメニューが存在しています。前菜はポワロー・ヴィネグレット(6€)、フランス産有機エスカルゴ(6個で8€)ウフ・マヨネーズ(5.5€)オーベルニュ地方の青カビチーズとアンディーブのサラダなど。もちろんフォワグラ(15€)も忘れるわけにはいきません。肉好きの方には牛リブロース(22€)または牛生肉のタルタルステーキ(14.5€)も。典型的なビストロ名物、ポルト酒風味の子牛の腎臓(18€)も是非お試しを。オーベルニュ地方のチーズが入ったチーズの盛り合わせ、デザートにはタルト・タタンがオススメです。
rubis_cave

ル・ルビー Le Rubis
住所:10, Rue du Marché Saint-Honoré, 75001 Paris
電話:01 42 61 03 34
営業時間:毎日7時〜24時まで

 

Share.

Comments are closed.