子牛の腎臓料理 Rognons de veau

0

子牛の腎臓はまず、フライパンに少しのバターを熱して溶かし、腎臓の両側を、それぞれ五分間、塩コショウして色づくまで炒めます。そして、フライパンの底に残った汁気を、ポルト酒か、ヘレス地方のシェリー・ビネガーでのばします。この状態でテーブルに出すビストロもあれば、マスタードか生クリームを加える店も。腎臓はこのソースに包まれて出されるのです。とはいえ、専門家は、腎臓はばら色の状態で食されるのがいい、つまり、ほんの少しだけ火を通して、ソースはないほうがいいのだと主張しています。rognon2

[pro_ad_display_adzone id=”1569″]rognon1

Share.

Leave A Reply

*