パリ おすすめビストロ オ・ブフ・クロンネ Au Bœuf Couronné

0

オ・ブフ・クロンネは、パリ19区、ウルク運河にほど近い、ラ・ビレットにあるブラッスリー。1860年頃、この地区にはパリ中の肉が集まる家畜市場と屠殺場が造られました。1974年には54ヘクタールのこのこの土地は、ラ・ヴィレット公園を造るために壊されました。ラ・ビレットには当時の面影がしのばれる場所が所々に残っており、月日が経って味わい深さを増した美しいブラッスリーもその1つ。ここは、小さなビストロとはいえ、戦略的に作られた店でもありました。ここには、お肉の卸売人が一度契約書のサインを獲得できると、それを祝って飲みにやって来たのです。お肉の黄金時代の名残としては、小さなカウンターと、最も美しい家畜に与えられる農業コンクールのプレートなどが残っています。

boeufC2

2000年代半ばにこの店のオーナーになったジュリー氏は、壁を壊し、レストランの空間を大きくして30年代のブラッスリーのような空間にリニューアル。このイメージがあまりに見事で、本当に30年代のブラッセリーかと信じてしまうほど。この店に来る人たちは素敵な時間と、土地の味わいをもった料理を楽しみにやって来るのです。

boeuf-couronne-salle2-640x329 boeuf-couronne-salle-640x329

メニューにはブラッスリーのクラッシックな前菜が沢山載っています。お好みの田舎風テリーヌ、牛骨髄のゲランドの塩添え、サバ、アボガドのタルタル、ブルゴーニュのエスカルゴなど様々です。

boeuf-couronne-salle-1-376x400 boeuf-couronne-medaille-640x329

メインはやっぱり肉料理。ブフ・クロンネで提供されているお肉はノルマンディ牛。この柔らかさが本当に特徴的で、パベ・デ・ネゴシアン(仲買人の牛かたまり肉のステーキ)300gや、牛ステーキのエシャロットのコンフィ添え、2人前のシャトーブリアン(72ユーロ)もおすすめです。ちょっと変わったものが好きな方には、テット・ド・ヴォー(22.5ユーロ)や腎臓のマスタードソースあえ(22.1ユーロ)も。

boeuf-couronne-terrine-640x329 boeuf-couronne-terrine2-640x329

ブフ・クロンネはとても真面目で全て自家製。試しに厨房を覗いてみましょう。ソースは銅鍋で泡立てられています。田舎風テリーヌだって自家製で、「これはアヴェイロン地方の僕のおばあちゃんのメニューなんだよ」とクリストフ・ジュリー氏。自家製フレンチフライやジャガイモのスフレも絶品。デザートには琥珀色をしたラムのセントジェームスがかけられたババ・オ・ラムを是非。

boeuf-couronne-onglet-640x329 boeuf-couronne-frites-640x329

boeuf-couronne-crepe-suzette-640x329

オ・ブフ・クロンネ Au Bœuf Couronné
住所:188 Avenue Jean Jaurès 75019 Paris
電話 : 01 42 39 44 44
メトロ:5番線 Porte de Pantin
営業時間:毎日正午から15時、19時から24時まで
値段:前菜 7~19ユーロ
メイン 17~73ユーロ
おすすめ牛肉料理は12~22ユーロ
チーズの盛り合わせ 10ユーロ
デザート 7~11ユーロ
クラブ・アフェールのコース 32ユーロ

Share.

Leave A Reply

*