パリの歴史的カフェ レ・ドゥ・マゴ Les Deux Magots

0

サン=ジェルマン・デ・プレ教会に面したカフェ・ドゥ・マゴのテラスは、天気のいい日に沢山の観光客を惹きつけており観光客が70%、30%が常連客という構成になっている。1885年創業のカフェ、ドゥ・マゴは、1919年からオーベルニュ地方出身のマティヴァ一家のものになり、装飾は昔から何ひとつ変わらない。数々の文人たちが使用した赤いレザークロスの長椅子やマホガニーのテーブルは、時を越えてなお健在だ。黒と白の制服を着たギャルソンたちも、この歴史的な場所の装飾の一部となっている。

magot1-1

 ドゥ・マゴという店名は、中国の高官で、現在でも店内に冷静なまなざしを注いでいる2体の人形に由来する。「マゴ」というのはずんぐりした陶製人形のことで、「ドゥ」は2つという意味だ。この2体の人形は、1885年にこの店がカフェになる以前、高級絹織物店だった時代から唯一残る面影なのだ。ヴェルレーヌ、ランボーやマラヌメたちはここで落ち合い、テラスでアプサンを飲んでいた。

 ドゥ・マゴが気高い文学を受け入れ、芸術家たちや左翼知識人たちのたまり場となってゆくのは、1920年代になってから。1925年にはアンドレ・ブルトンや友人のシュールレアリストであるルイ・アラゴン、ポール・エリュアール、ロベール・デスノス、アントナン・アルトーなどが定期的にここで会っていた。

deuxmagots

 第二次世界大戦のきざしが見えたころ、ドゥ・マゴは人々が政治的な議論をしに来る場所となる。パリ解放の頃には、サルトルとシモーヌ・ド・ボーヴォワールを筆頭とする実存主義者達はここを根城にしていた。彼らはそれぞれ好みのテーブルを持ち、休むことなく毎日そこに執筆しに来ていた。ボリス・ヴィアンやアルベール・カミュともつながりっていき、やがてサン=ジェルマン・デ・プレ神話が生まれるように。ジェームス・ジョイスやベルトール・ブレヒトやシュテファン・ツヴァイク、ピカソやヘミングウェイなど小説家や芸術家たちもここで落ち合った。

deux magots

 今日では人々はドゥ・マゴに古くから伝わる絶品のショコラを飲みに、またポットサービスのコーヒーをゆっくり飲みに来てはいるものの、主な目的となっているのは、見ることと見られることだ。ドゥ・マゴの椅子に座ると、芸術や文学、モード、演劇や政治の世界にいる人物を垣間見れることができるのだから。ドゥ・マゴ自体は、何よりもまず文学カフェでありたいと願っている。世界的な行事である「読書の祭典」の日には、シモーヌ・ド・ボーヴォワールの文章が店内の、かつて彼女がサルトルとともに書くために座りに来ていた席で読まれていた。

serveur-deux-magots

 ドゥ・マゴの文学賞は、1933年から毎年一人の小説家に賞を与えている。ドゥ・マゴは、音楽の分野で貢献した文学作品に賞を与えるペレア賞、ブラッスリー・リップとソニア・リキエルと協力し、毎年異なる分野(建築、映画、演劇、デザイン、モード)のアーティストに賞を与えるサン=ジェルマン賞も創設している。

東京、渋谷 Bunkamuraのドゥ マゴ

 1989年、カフェ・ドゥ・マゴは東京、渋谷の文化的中心地、Bunkamuraに進出した。フランス人の建築家、J・Pウィルモットによって装飾されたBunkamuraは美術館と映画館、アートギャラリー、劇場、「オーチャードホール」で構成されている。

 また、Bunkamuraの文学賞も毎年与えられ、当面は9月に、ドゥ・マゴにおいて、日本人の小説家に授与されている。初のこの賞の受賞者は、1991年に『トリュフォー ある映画的人生』という作品を書いた山田宏一氏。2010年のドゥマゴ文学賞受賞者、朝吹真理子さんのインタヴューはこちら

レ・ドゥ・マゴ Les Deux Magots
住所:6 Place Saint-Germain des Prés, 75006 Paris
電話:01 45 48 55 25
メトロ:4番線 Saint-Germain des Près
営業時間:7時半〜25時

Share.

Leave A Reply

*