カフェ・ド・フロール Cafe de Flore

0

 カフェド・フロールは1885年に誕生した。フロールの名前は店のサン=ジェルマン大通り側に設置されている春の女神、「フロール」に由来している。1913年頃には、サン=ジェルマン大通りに住んでいた詩人のギョーム・アポリネールが、詩人のアンドレ・サルモンとともによく通っていた。彼はこの店の1階を雑誌の編集部にした。このようにして雑誌『ソワレ・ド・パリ』は出版されることになったのだ。彼はここに彼の習慣も持ち込んだ。事務所のように、待ち合わせも一定の時刻に定める程だった。1917年には、フロールのテラスで、のちのシュールレアリスム運動の創始者となるアンドレ・ブルトンとルイ・アラゴンとともに偉大な議論をしているアポリネールが見られたものだ。アポリネールによって「シュールレアリスム」という言葉が発明され、パリのダダイストのグループが生まれていった。

flore-histoire

1930年代には、パリの文学界中がフロールに足早にやってきた。レオン・ポール・ファルグやレーモン・クノー、ミシェル・レリス、また、ジョルジュ・バタイユ、ロベール・デスノスは常連中の常連だった。
モンパルナスの古株も自らここにやってきた。デュランやジャコメッティ兄弟、ザッキンやピカソもまたしかりである。映画界の人々もこの独特な雰囲気に無関心ではいられなかった。マルセル・カルネはここで俳優のセルジュ・ルジャーニと出会ったのだ。

 とはいうものの、サン=ジェルマン・デ・プレのカフェの黄金時代は、1939年にフロールがポール・ブバルによって買い取られた時に始まった。ブバルは、本拠地をフロールに定めたサン=ジェルマン・デ・プレのカップル、サルトル、ボーヴォワールを筆頭にして、知的エリートをひきつける術を知っていたのである。ジャン・ポール・サルトルはこう書いている。

「我々は完全にここに住みついていた。朝の9時から正午まで、私たちはここで仕事をし、その後昼食に出かける。午後2時にはフロールに帰ってきて、8時まではここでたまたま出会った友人たちと話をする。夕食後には、私たちが会う約束をしていた人たちをここで受け入れる。奇妙に思うかもしれないが、私たちにとってフロールは我が家だったのだ。」これはブーニャ(フランスのオーベルニュ地方出身者たちのパリでの呼称)であるブバルの思いも寄らないパラドックスだが、彼は彼の同業者である、ブラッスリー・リップのカゼズ氏同様、一冊も本は読まなかったし、左翼のパトロンでさえないのだった。

flore-histoire

インテリ達の隣には、俳優達(ジャンヌ・フォンダ、ジャンヌ・スべール、ロマン・ポランスキー、マルセル・カルネ、ブリジット・バルドーやアラン・ドロン、ロゼーやベルモンドなど)また、歌手達(ジュリエット・グレコ、ボリス・ヴィアン)もいた。それに加えて、フロールは1950年代から60年代の間、ゲイ達の大いなる
出会いの場としても有名になっていた。ここでもまた、ブバルのパラドックスがこの魔の側面を引き受けた。彼はある日、フロールのトイレの中に「ブバルはホモだ!」と書かれた落書きを発見し、怒りを爆発させるほどゲイが嫌いだったのだが……。

 彼はブロンダンの例をはじめとして、彼の顧客や友人達の狂気沙汰を受け入れてきた。ブバルはブロンダンが酔っぱらってサン=ジェルマン・デ・プレ教会で一羽の鶏に洗礼を受けさせようと面白がり、司祭に苦情を持ち込まれ、警察へ彼を迎えに行ったことがあるのである。

 1984年からは、ミロスラヴ・シルジェゴヴィクがフロールの舵をとっている。彼はモンパルナスのカフェ、クローズリー・デ・リラも同様に買い取った。

 今日でも、フロールのテラスはパリを通りすがりにサン=ジェルマン・デ・プレの最初の陽の光を堪能しているところを人に見られる、そんなテラスの1つとして残り続けている。もしかしたら、フロールで、ジョニー・ディップやジャック・ニコルソンやローラン・バカルに会えることだってあるかもしれない。

カフェ・ド・フロール Café de Flore
住所:172 Boulevard Saint-Germain 75006 Paris
電話:01 45 48 55 26
メトロ:4番線 Saint Germain des Près
営業時間:7時半〜25時半

Share.

Leave A Reply

*