ボジョレーのワイン生産者 マノワール・デュ・カラ Manoir du Carra

0

こんなにも美味しいボジョレーがあったのか、と口に含んだ瞬間に驚きで顔がゆるんでしまう。フローラルな香りの後、口に含むとボジョレー特有のフルーティさにさわやかさ、その後は繊細で優しい余韻がずっと残る。なんとなく慣れ親しんだ「ボジョレー」のイメージを見事に覆してくれる、マノワール・デュ・カラの素晴らしいボジョレーのクリュ。こじんまりした試飲ルームには多くのメダルやトロフィーがところ狭しと並びます。それもそのはず、こちらのボジョレー、どれをとっても味わいが格段に違うのです。

[pro_ad_display_adzone id=”1569″]

マノワール・デュ・カラは1850年から続くドメイン。日本に輸出しているボジョレー・ヌーヴォー以外にも、ボジョレーの4つのクリュのワインを生産しています。このドメインの5代目となる生産者、ジャン=フレデリック・サンバルディエさんのこだわりは、クリュ用のブドウの房部分の約3割を取り除くこと。ボジョレーではボジョレー・ヌーヴォーでもクリュでも基本的にはガメイ種を用い、他の地方とは違って房ごと使用します。「ボジョレー・ヌーヴォーの場合はブドウを房ごと浸けておく期間が短いから、草っぽい味が出ることはありません。でもクリュの場合は草っぽい香りがする可能性があるから取り除くようにしてるんです。」

sambardier_jp3

来年の4月まで寝かせるクリュとは違い、ボジョレー・ヌーヴォーは10月末には全て瓶詰めされて日本やアメリカに運ばれます。こちらのヌーヴォー、「ダム・ナチュール」は特別感のあるヌーヴォーで、瓶の開口部に赤いロウのようなものが塗られ、一本ずつ番号がふられています。ほとんど酸化防止剤も入れずにつくったという醗酵中のボジョレーを一口試飲。さわやかでボジョレーらしいフレッシュな味わい、後味はすこしハチミツのような甘みがあります。このボジョレー・ヌーヴォーは成城石井などで買えるそう。特別感のあるヌーヴォーを試したあとは、驚きのクリュを是非お試しあれ。

マノワール・デュ・カラの取り扱い店 Où acheter ?

ダムナチュール ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2013年
成城石井にて取り扱い 3300円
やまやでもボジョレー・ヌーヴォーの取り扱いあり

Share.

Leave A Reply

*