ロワール ボネ・ユトーのミュスカデ Bonnet-Huteau

0

ミュスカデという名を耳にしたことがあるだろうか。ミュスカデはロワール地方のミュスカデという地区で、メロン・ド・ブルゴーニュ(別名ミュスカデ)という白ブドウで造られた白ワイン。

ボネ・ユトーのミュスカデはエレガントで質の高さに驚かされる。40ヘクタールある畑は2005年からアグリクルチュール・ビオロジック(有機)への移行を始め、2010年には全ての畑がビオとして認定された。うち32ヘクタールがミュスカデ用にあてられている。

muscadet_bonnet1
「ビオにしようと思ったのは、ビオのワインを試飲したとき、今まで求めていたけれど辿り着けずにいた質に出会ったからなんです。ワインのピュアさと繊細さをハッキリと感じました。醸造方法には自信があったのですが、どうしてそこに行き着かないのか疑問に思っていたんです」とジャン・ジャック・ボネ氏。これだ、と確信し、2005年には8ヘクタールをビオへと移行。「それがうまくいったので2006年には20ヘクタールに増やしました。質も良くなり、どうしてもっと前からやらなかったんだろうと思いましたよ。ミュスカデには背中を押してくれる人たちがいて、当時ビオ農家は6軒くらいだったのが、今では15軒に増えました。ミュスカデのビオは不可能ではないともっと伝えていきたいですね。」

現在のボネ・ユトーではビオより厳しいビオディナミという方法を実践。畑にはチョウチョが舞い、鳥の鳴き声が聞こえてくる。固い黄土色の土を手のひらにのせ、「ここはグラニットという土壌で、ミネラルが多いワインに向くテロワール。メロン・ド・ブルゴーニュはミネラル感を表現するのに向いたワインなんです」と教えてくれる。「土にできる限り空気が入り、呼吸できるように心がけています。でも40ヘクタールもビオディナミをするのは大変ですごく時間がかかります。できればあと10ヘクタールくらい減らしたいんです。」ミュスカデではボネ氏のように、大きな畑を所有していても、栽培面積をあえて減らそうとする人たちがいる。AOCミュスカデを名乗るには、この地区での瓶詰めまで義務づけれているため、できたワインのみを輸送し、他地域で瓶詰めすることができない。それ故収穫量が多すぎると、瓶詰されたワインのストック過剰で困ってしまうという。ミュスカデはフレッシュさをウリにした早飲みタイプのワインという印象を持たれているため、ボルドーのように熟成で価値が上がると認識されていないのが現状だ。それに対し、ボネ氏は、「メロン・ド・ブルゴーニュは単一で多様な味わいを表現できる品種であり、うちのワインは10年寝かすことができる」と語る。

muscadet_bonnet3 muscadet_bonnet4

[pro_ad_display_adzone id=”1569″]

実際彼のワインを口に含むと「これがミュスカデ?」と驚きを隠せない。確かに彼が求めたようなピュアでスッと洗練された味わいが感じられ、暑い夏にちょっと一杯、というよりも、洗練された料理とともに、ゆっくり味わいたくなる上質さが伝わってくる。”Muscadet Sèvre et Maine Les Dabinières sur lie”(ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ レ・ダビニエール・シュール・リ)は6ヶ月間澱の上で寝かせたワインで、石灰のような香りがあり、非常にフレッシュ。繊細でピュア、さっぱりしており料理に合わせやすそうだ。ミュスカデ・セーブル・エ・メーヌの”L’héritage 2007(レリタージュ)”は18ヶ月澱の上で寝かせたワインで、火打石の香りがあり、とてもさやわかで華やかなワイン。ミネラルを感じる余韻を長く味わえる。フレッシュ、さっぱり、早飲みというイメージのあるミュスカデだが、ボネ・ユトーのワインはかなり違う。ロワールで味わった中でも絶品のミュスカデは都内のワインショップ、白金台のピクールや恵比寿のWine Market Partyなどで注文可能。

muscadet_bonnet5

ボネ・ユトー Bonnet-Huteau
住所:La Levraudière 44330 La Chapelle-Heflin-France

http://www.bonnet-huteau.com

Share.

Leave A Reply

*