そして誰もいなくなった パリ

0

パリ在住のフランス人ジャーナリスト、ローラン・ブロンベルガーによる、がらんどうになってしまったパリのレポート

3月17日以来、フランス人は自宅隔離をさせられています。 すべてのカフェとレストランは休業。 たとえ晴れた日であっても、パリは原則として無人のまま。街路は多くのパリジャンが空気に汚染されたり、ウイルスを感染させたりする危険があると思われているからです。

1 2
Share.

Comments are closed.