オー・ヴィエイユ・ヴィーニュ Aux Vieilles Vignes

0

エッフェル塔とアンヴァリッドの間に位置し、セーヌ川からも近いオー・ヴィエイユ・ヴィーニュ。ここはパ恋人のディナーにおすすめしたい、ロマンティックで正真正銘のビストロ。主人はオーベルニュ地方のカンタル出身で、サレール牛やサン・ネクタール・チーズなど、カンタル地方の特産品をウリにしています。ランチタイムはまた別の雰囲気があり、店内はいつも満席。テロワールを感じるシェフのお手製料理を心と身体で味わいに、界隈の人たちがこぞってやって来るのです。

このビストロの名物は4時間かけて焼いた仔羊の骨付き肉、「スリー・ダニョー」にハーブ風味のピューレを添えたもの。もうひとつの定番メニューは口の中でほわっと溶ける鴨のコンフィ。パリの多くの店のコンフィは缶詰になったものですが、ヴィエイユ・ヴィーニュのコンフィ・ド・カナールは女主人、ヴィヴィアンヌさんのお手製です。フランス南西地方のガストロノミーを知るには理想的なメニューです。

SONY DSC

veille_vigne_vivianeマダムが料理担当なら、ワインを担当するのはご主人のピエールさん。カウンターの奥をちょっと覗けば、彼がビールよりもワインを勧めたいのがわかるでしょう。彼は自分のワインリストでおすすめしていく小規模生産者を見つけるのもお手のもの。リストのワインの多くはこれぞビストロという産地。コート・デュ・ローヌ、サントゥネーはじめブルゴーニュ・ワイン、ジュリアナスやシェナスなど、ボジョレーのクリュ。そからラングドックのワインに「ラ・パッション・デュ・シャトー・プティ・ボワイエ・デ・コート・ド・ブライ」という名の、ビロードのように滑らかなボルドーのキュヴェ。こちらは恋人とのディナーにうってつけのワインです。

SONY DSC

レ・ビエイユ・ヴィーニュ Les Vieilles Vignes 
住所:149, rue de l’Université 75007 Paris
電話:01 45 51 03 71
メトロ :8,13番線 Invalides
日曜定休

Share.

Comments are closed.