オー・ブルピフ O’Bourpif  パリのビストロ シャンゼリゼ周辺

0

オー・ブルピフは凱旋門近くにあり、この界隈の人たちを幸せにする、訪れる価値あるビストロだ。旨いワインに数々のご馳走で、心まで元気にしてくれる。この店の客たちは、友人たちと、主人のジャン・フランソワ氏とアメリーさんと一緒に大切なものを見つめ直す時を過ごしにやって来る。

bourpif_jean-Lucジャン・フランソワ氏はまさに昔ながらのビストロ店主で、ワイン狂でも知られている。彼は優れた醸造家をよく知っており、ワインをいつも完璧な温度で提供するための急冷装置を店に備え付けたほど。ワインの温度は味わいを大きく左右するものなのだ。これはシャンパーニュだけでなく、ブルゴーニュの白ワインやフレッシュ感を出したいボジョレーにも適している。

 

 

 

 

bourpif_pied_porcs bourpifJP-veau

オー・ブルピフでは、ビストロらしくボリュームたっぷり、かつ上質な臓物料理が味わえる。メインは、とろりとして絶品の豚足のガレット(18€)や、子牛のタンと春野菜の温サラダ(20€)、柔らかい子牛の肝臓のポワレ、チョリソー風味のエンドウ豆添え(24€)などがある。もちろん臓物料理だけでなく、ビストロらしい料理もしっかり味わえる。お腹がペコペコの時は2人前の牛リブロースに挑戦してみては。この店ではパリでは珍しいことに、カワメンタイやエイなど、毎日必ず2品は魚料理のメニューを提供している。

bourpifJP-salle

白ワインはのおすすめはロワール川流域のソービニヨン品種を使ったカンシーや、ローヌ川流域のエレガントなビオニエを使ったコンドリュー等。赤ワインはフランスを南北に貫くワイン産地が中心で、ブルゴーニュ、ローヌ、そしてラングドックワインを押している。この店のワインは出会うもの全てが本当に旨い。ここは美味しいワインで心からリラックスしながら、ラグビーやワインから、よりよい社会のあり方に至るまで語れてしまう貴重な店なのだ。

 

オー・ブルピフ O’Bourpif
住所: 9, rue Pergolèse 75116 PARIS
電話: 01 45 00 49 54
メトロ : Argentine
営業時間:月〜金 ランチタイムと木曜夜営業

Share.

Comments are closed.