カフェでのアプサン Absinthe

0

毎晩18時頃になると、モンマルトルやカルチェラタンの大通りのテラスでは「緑の時」が訪れる。1880年に旅してみよう。老若男女の関係なく、大がかりなカフェの洒落た社交場から労働者のカフェに至るまで、アプサンの習慣は幾千ものフランスのカフェにおいて一般化していたのである。

アプサンをよりよく味わうためには、フランス人がベル・エポックの時代に喜んで熱中していた独自のいれ方 に従わなくてはならない。まず、定量のアプサンを脚付きのグラスにいれ、給水所の先端の下におく。一度口が開くと、きめ細かく作られた銀の特別なスプーン の中にいれられて、グラスの上に前もって置かれた砂糖の上に、蛇口からちょろちょろと冷水が流れ出す。こうして水はゆっくりとこの飲物の上に砂糖を溶か し、植物の苦い味を和らげる。

verlaine

Le grand poète français Verlaine était un grand amateur d’absinthe

 アプサンの流行は、アルジェリアを征服しにいった兵士たちによってもたらされたものである。アプサンはもともと、植民地にいる白人や兵士達をチフスやマラリアから治療する目的で使われていたものだった。

 フランスに帰還すると、在アフリカフランス懲治隊の士官たちは、グラン・ブルヴァールのカフェのテラスでアプサンのグラスを手にして見せびらかし、アプサンを流行させていった。通りがかりの人達は、この未知なる冷たくて苦い飲物を見て不思議がっていた。

[pro_ad_display_adzone id=”1569″]

l_absinthe_degas1

La buveuse d’absinthe de Degas

 ナポレオン3世の統治下のはじめごろ、つまり1870年までは、この独特な味でハッキリした特徴をもった飲物を好ん でいたのは、主にブルジョワジーだった。高価な飲物だったので、必然的にアプサンはパリジャンの盛大な夕食会か、流行しているブルジョワのカフェで食前酒 として飲まれていた。

 陶然とさせる力があるので(というのも、なんといっても70度近くに蒸留されてい るわけだから)アプサンはベル・エポックのパリのほとんど全ての知的、芸術的な集まりで強く勧められていった。画家や小説家や芸術家たちはアプサンを次々 と飲みながらインスピレーションを探していた。

1 2
Share.

Leave A Reply

*