ブルゴーニュ地方のワイン Le Bourgogne

0

ブルゴーニュワインが日本人に好まれるのは、繊細な味わいだけでなく、歴史やテロワールとの結びつきにもよるのだろう。というのもブルゴーニュワインの名声は、品種とテロワール、そして造り手とが合い重なって形成されているものだから。カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、カベルネ・フラン等の複数品種をアッサンブラージュするボルドーワインに対し、ブルゴーニュでは赤ワインにはピノ・ノワール、白ワインにはシャルドネの単一品種を使用する。ブルゴーニュ地方では白ワインが60%、赤ワイン40%の比率で生産されている。

SONY DSC

ブルゴーニュワインはヨーロッパとフランス の歴史に深く根ざした、世界で最も歴史あるワインの1つ。千年前、まだ領主達の手に権力が委ねられており、フランス国家が小さな領地しか支配していなかった時代、僧侶達は修道院を建設した。ブルゴーニュではクリュニー会とシトー会の修道僧たちが品種を選び、土壌や気候の違いによってコート・ドール地区の畑 の境界を定めることで、偉大なワインのベースを築く。15世紀にフランス国王より強い権力を持っていたブルゴーニュ公爵の果たした役割も見逃せない。彼は ピノ・ノワールの価値を認め、ガメイという多産で現在ボジョレー地区の主要品種となっているブドウの栽培を禁止する。今日でもブルゴーニュのグラン・クリュは修道僧たちが区切った、石塀で囲まれた畑の小区画を継承している。石塀に囲まれた小区画は「クロ」と呼ばれる。

carto_bourgogne_JP

ブルゴーニュには、ピノ・ノワールに異なる表情を与えるバラエティ豊かな土壌や気候の違いがある。ブルゴーニュではこうした畑の小区画を「クリマ」と呼んでいる。グラン・クリュには600以上のクリマがある。
ボルドー地方のサン・テミリオンとは対照的に、ブルゴーニュワインの階層構造は昔から変わらない。ブルゴーニュには南北4つの地区にブドウ畑が広がっている。
北にまずシャブリ地区があり、その南にコート・ド・ニュイコート・ド・ボーヌからなるコート・ドール地区がある。その南にコート・シャロネーズ地区、一番南にマコネ地区がある。

ブルゴーニュには4つの階層から成る100以上のAOCが存在する。
ピラミッド型の階層の第1段目、ベースに位置するのがブルゴーニュ地方全域のブドウを使える「アペラシオン・レジョナル」で、ブルゴーニュの白、赤や、クレマン・ド・ブルゴーニュ(スパークリングワイン)などがある。

アペラシオン・コミュナル」は、階層の2段目。ブドウを収穫した村名が表示される。(ヴォルネイ、ポマール、ジヴレ・シャンベルタン等)

プルミエ・クリュ」は、階層の3段目。各村のクリマ名を持つプルミエ・クリュ。

グラン・クリュ」はブルゴーニュワインの最上級。ラベルからは村名が消え、グラン・クリュの名前のみが表示される場合が多い。(ロマネ・コンティ等)

次ページへ続く

1 2
Share.

Leave A Reply

*