ラ・メゾン・ド・ローブラック La maison de l’Aubrac

0

シャンゼリゼからたった50mという素晴らしいロケーションのメゾン・ド・ローブラックは、ランチは毎日、夜も週4日営業しているパリでも貴重なレストランで、何年も前からこの界隈で中心的存在です。この店は店主のクリスチャンさんの両親が1977年に購入し、彼は妻のエリザベスさんと、この店を肉料理専門店としてオープン。先祖代々の土地に敬意を表し、メゾン・ド・ローブラックと名付けました。

オーブラックはフランス中央山岳地帯にある、手付かずの美しい自然が残る地で、高度1000mに位置する平原。まだそこに農地を所有しているクリスチャンさんのように、多くのパリのビストロのオーナーがこの地域出身です。オーブラックはフランス最高品質の牛の品種名でもあり、クリスチャンさんはオーブラック牛の生産者でもあります。今年開催されたパリの農業サロンでは、彼の雄牛が受賞したほど、素晴らしい牛たちを育てています。この店で提供されるすべての肉は、彼の農場産で、それがまさに彼のレストランをパリの中でも例外的な存在にしている理由です。クリスチャンさんは自分の家畜の幸福と環境を重視して飼育しており、遺伝子組換え大豆も、抗生物質やホルモンも一切使いません。それだけでなく、牧畜が環境に与える影響も少なくしようと努力しており、健康的なオメガ3をベースにした飼料や亜麻を与えています。

骨つきリブロースや牛ヒレ肉、牛生肉のタルタル、ハラミなど、ラ・メゾン・ド・ローヌラックは肉を愛するすべての人が高く評価するレストラン。店内のガラスケースの裏では肉が熟成され、部位によっては七週間ほど寝かされます。ここでは伝統的なポトフのような料理も味わえます。ポトフはフランスの郷土料理でパリの冬で凍りつくような身体を芯から温めます。それからオーブラックといえばアリゴが有名。アリゴはジャガイモのピューレにトム・チーズを混ぜたもので、パリでもとても人気の一品。グリルしたソーセジとともに召し上がれ。

この素晴らしい自家製メニューを彩るのはやっぱりワイン。この店にはなんと700種ものワインリストが存在します。ポムロムのシャトー・ペトリュスのようなフランスを代表する偉大なワインや、コート・デュ・ローヌの卓越したクリュのワインは、上質な牛肉やシャルクトリの盛り合わせの幸せを一層格別なものにするでしょう。

ラ・メゾン・ド・ローブラック
La Maison de l’Aubrac

住所:37, rue Marbeuf 75008 Paris
毎日営業
0033 1 43 59 05 14

 

Share.

Comments are closed.