プロコープ Le Procope

0

 フランチェスコ・プロコピオ・ディ・コレッティが1684年にカフェ・プロコープを開いたのは、アンシアン・コメディー通り13番地。1686年に開店した、パリで一番古いこのカフェに足を踏み入れ、大きなシャンデリアとマホガニー製の家具類や壁石に囲まれるとすぐ、3世紀もの歴史の重みを感じることでしょう。カフェ・プロコープはパリ中をゆさぶった全ての知的革命を生み出した場所。ここに集った偉人達がプロコープを神話的な場所にし、現在もそうしつつあるのです。

procope2

プロコピオ、アイスとカフェとレモネード

シシリア人のフランチェスコ・プロコピオは1674年に天才的なアイデアを思いつきました。当時のパリにはまだ酔っ払いだらけの居酒屋やキャバレーしかな かったのですが、彼はルイ14世の宮廷に通う、洗練された貴族たちをターゲットにした美しいカフェを開こうと考えました。彼のカフェはまずトゥルノン通り に開かれ、次に現在の場所、アンシアン・コメディ通りに移転しました。

 ここではワインではなく、コーヒーがサーブされました。コーヒーがイエメンから伝わったのは1670年代頃のことで、このころに、ヨーロッパの大きな都市、ヴェネチアやロンドン、パリなどにカフェが出現するようになったのです。

 プロコープは特にアイスクリームが評判の店でした。真冬の寒い日々に、水面や川に浮かんだ氷を集め、夏の出荷に向けて、寒い部屋や整備された地下室に氷を貯めておくということを始めたのはこの時代のことなんです。

 大きな鏡に輝きを放っている水晶のシャンデリアと、シャンデリアの光で輝いた大理石のテーブルのあるプロコープは、とてもエレガントなカフェでした。ここに来た人々は自分がベルサイユ宮殿の鏡の間に来たのではないかと思ったことでしょう。

プロコープが女性客にも開放されたのはずっと後のことでした。女性客がカフェにいるということ、それはパリ初の偉大な試みでした。プロコープによって発 明された形式は大成功をおさめます。1700年代には、パリには300軒程のカフェと、1750軒のキャバレーがあり、そこで人々は世界を変革し、当時の 様々な新聞に書かれたニュースの批評をしていたのです。

1 2
Share.

Leave A Reply

*