カフェとビストロは違うもの? Quelle différence entre café et bistro?

0

カフェとビストロって一体何が違うんでしょう?

実はフランス人にとってさえ、カフェとビストロの違いを説明するのは難しいのが現状です。

ビストロの語源を探ってみても、どうも曖昧です。語源についての伝説で、こんな素敵な話があります。ビストロという言葉は、ナポレオンのワーテルローの戦いでの敗北のあと、1815年のパリ占領のころに出現したと言われています。パリにいたロシア人の兵士たちが、急いでお酒を飲みたがって、居酒屋で、ロシア語で「急げ!」を意味する« bistro, bistro ! »と叫んでいたというのです。実際のところ、この言葉は1880年代に、庶民的な地区や労働者街にできてきた、カウンターでワイン一杯をひっかけられるような場所を指すために使われるようになりました。
ビストロという言葉が洒落た言葉になってしまってから、地区によってはこの庶民的な面を少し失ってしまったところもあります。今日のカフェとビストロを区別するのは簡単ではありません。ビストロは主人と奥さんがやっている、和やかな場所だと言われます。気楽に食べたり、飲んだりしにやって来れる、温かみのある店で、形式ばった場所ではありません。そんな雰囲気に惹かれて、今ではレストランでもビストロ、と名前を変えていく店もあるのです。というのも、フランスに沢山存在している、美食家のための豪華なレストランでは、気楽に振る舞うことができないからです。これがレストランとビストロとの大きな違いです。

cafe_flore

日本のみなさんにとってカフェとビストロの違いを理解するのはより一層難かしいでしょう。というのも、店の正面にビストロと書いてあればビストロかといえばそうでもないのです。今では店にビストロ、カフェ、ブラッスリーと書いてあるような店も、レストラン、カフェと書いてあるような店も沢山あります。フランス人は、家の通り沿いにあるカフェをビストロと感じてそう呼ぶこともあります。そればビストロと書いてなくてもそう呼ばれるのです。ちなみにパリのどこの通り沿いにもあるようなカフェ(ビストロと呼ぶべき?)では、エスプレッソからビールにワイン、本日の料理まで揃っているのが普通で、カウンターにはしょっちゅう男性たちがつどっています。もちろんテラスもありますよ。

Share.

Leave A Reply

*