ジャン=ピエール・ヴィガト氏 Jean-Pierre Vigato

0

小さなジャン=ピエールに上質なものの味わいを教えてくれたのは、彼の母と祖母でした。持ち前の勇気と才能がそれに拍車をかけました。55歳のジャン=ピエール・ヴィガトは、ミシュランの2つ星を獲得したグラン・シェフで情熱の料理人。

 シンプルな家庭の味が彼をグルメに育てていきました。台所一杯に香りが広がってゆく、おばあちゃんの手作りジャムをスプーンで味見する喜びといったら・・・!こうして彼の料理に対する情熱が徐々に湧いていったのです。

14歳の時、生まれも育ちもパリだったジャン=ピエール・ヴィガトは学校をやめました。彼は「ムーラン・ドルジュバル」で、3年間料理の修業をします。そこをやめて兵役を終えた後、彼は今度はウェイターとして働きながら、同時に英語と経営の学校に通っていました。彼は根っからの仕事人。唯一の休みの日だって、他の店に働きに行くのです。




彼がレストラン界の仲間入りを果たしたラシェル通りは、華々しい地区からは遠く離れた、パリの北、クリシー広場近くの袋小路にありました。彼の奥さんが店内で働き、彼は厨房で料理を担当していました。ここで彼らはミシュランの1つ星を手にすることになったのです。24席しかない小さなレストラン、「グラングジェ」にありがたい知らせがやってくると、すぐにこの店は彼らに新しく湧いた野心にとっては手狭な店になりました。

 それからたったの3年半で、有名なマカロンによって手にした名声のおかげで、若きシェフ、ジャン=ピエール・ヴィガトは、パリ17区のヴィリエール大通りに店を出すだけの資金を調達することができたのです。彼の新しいレストランは「アピシウス」という名になりました。彼はここでミシュランの2つ星を獲得。そしてここで20年間料理し続けることになるのです。

 今日では、「アピシウス」は移転して、シャンゼリゼ大通りからほど近い、一戸建ての家を改装したレストランとなっています。

 ゴルフと狩猟に情熱をもやし、タバコの箱を決して遠くにやることのない彼は、今後は新しい世代に彼の経験を伝えていこうとしています。ジャン=ピエール・ヴィガトは、若いシェフにアドバイスをしながら新たなビストロの冒険を はじめています。彼の目的はいつだって同じ。それは食べる喜びを人に与えることなんです。

Share.

Leave A Reply

*