マッシュルーム Champignon de Paris

0

マッシュルームは数多くの料理の中に使われています。白身の肉や、子牛のブランケットと 一緒に出されたり、ウサギや甘くないタルトやサラダの中にも入っています。マッシュルームのスープもとても愛されています。ひきしまった果肉のほろっとする味わいと香りのよさで、マッシュルームはフランスで一番よく使用されるキノコになっています。

 19世紀の半ばに、庭師だったシャンブリー氏が、これまでつちかってきたキャリアを捨てて、マッシュルーム栽培に精を出すことにしたのです。オスマンのパリ大改造の時や、パリからルーアンにかけての鉄道建設の物質的需要に応えられだけの地方での需要なキャリアを持っていた彼は、そのキャリアを捨ててキノコを栽培する道を選びました。はじめはパリの土地でもやっていましたが、パリでのキャリアを捨てた彼は、それだけでは満足できずに、郊外のモントルイユやバニューやムードンにも手を広げていったのです。キノコは商人の店や市場、街のレストランや、大量にできたときにはパリのアル市場で売られることもありました。今日では、キノコ畑を見に行くには、オワーズ県かイヴリーヌ県まで足を伸ばさないといけません。

[pro_ad_display_adzone id=”1569″]

Share.

Leave A Reply

*