ブーダン・ブラン Boudin blanc

0

ブーダン・ブランはフランスの北部、アルデンヌ地方の郷土料理です。
中世以来、クリスマスには、主婦たちが火にかけた大きな鍋に、
麦粉を牛乳で煮ておかゆ状にしたものと、パンの柔らかい部分と、脂と
鳥や子牛など、白い肉を切ったものを煮込み、それを腸詰めにしてきました。
ブーダン・ノワールとは違って、ブーダン・ブランには血は含まれていません。
この料理は、真夜中のミサから帰って来たみんなを温めてくれるのです。
よりお祭り的な気分を出すために、ブーダンをつくるときに、トリュフや
アミガサタケというキノコを加えることもあります。

boudin-blanc2

[pro_ad_display_adzone id=”1569″]
Share.

Leave A Reply

*