ボナパルト Le Bonaparte

0

有名なカフェ、ドゥ・マゴの目と鼻の先、赤と青のひさしが目印のボナパルトはサン=ジェルマン・デ・プレ地区の中でも最も美しいカフェの1つ。このカフェのテラスからのサン=ジェルマン・デ・プレ教会や広場の眺めといったら最高です。ここはサン=ジェルマン・デ・プレという独特の地域の中で、落ち着いた時を過せる空間なのです。何十年か、ボナパルトは近くの国立美術学校の学生達の行きつけの店でした。店内は最近リノベーションされたばかりですが、この店の心意気を失うことはありません。改装されてから目をひくのは何と言ってもトイレ専用エスカレーター。豪華ホテルのように木目調のエスカレーターで下に降りると、ナポレオンやマリー・ルイーズの美しい写真がゆっくりと出現します。パリでこんな豪華なエスカレーターのあるカフェはきっとここだけ!

bonaparte8

お料理に関してもこの店は通りいっぺんじゃありません。ブラッセリーでもレストランでもないのに、ボナパルトはとてもいい素材を使った美しい料理を提供しているのです。この店のオーナーのミッシェル・タファネル氏は、オーガニックにこだわる人物。ノルマンディでサレール牛を育てている彼にとって、オーガニックはもはや当たり前のことなのです。

bonaprte6
ボナパルトのメニューでは、緑色で書かれた料理はオーガニックの素材を使っていることを示しています。トーストされたパンの上に盛られたオーガニックのサレール牛生肉のタルタルステーキ(18ユーロ)にはじまり、プリプリして味わい深いタイの海老(25ユーロ)やスモークサーモン、オムレツ(9ユーロ)や鶏肉の
シーザーサラダ(17ユーロ)も皆オーガニックな素材を使っています。

bonaparte7

タファネル氏は出身地のカンタル県の料理も大事にしています。例えば「農家のメニュー」(16ユーロ)のリンゴのコンポートとキャラメリゼされたフルーツの上に盛られたブーダンは、ハムと同じくカンタル県から直送されてきたものです。お食事の後にはとびきり美味しいデザート、特にイチゴのムースがおすすめ。

 

 

ル・ボナパルト Le Bonaparte

住所:42, rue Bonaparte 75006 Paris
電話:01 42 27 36 78

Share.

Leave A Reply

*