モンパルナスのブイヨン・シャルティエ

0

このところパリで「ブイヨン」が再び注目されている。「ブイヨン」というのは19世紀末にパリに誕生した、庶民的で低価格なブラッスリーのこと。オペラ座付近、グラン・ブルバールの老舗「シャルティエ」は、パリに現存する唯一のブイヨンとしての姿を伝えてきた店だ。そして2019年2月、モンパルナス駅目の前に待望の2店目がオープンした。

こちらは「モンパルナス1900」というビストロを改装しており、新規オープンというよりも、時を経てシャルティエに戻ったという方が正しいだろう。シャルティエ兄弟は1900年代にパリにいくつもの店をもっており、もともとこの店はシャルティエだったのだ。そして116年の時を経て、同じグループに戻ってきたわけだ。

このブラッスリーが当時の趣をこれほどまでに残しているのは驚異的である。この店に入るとすぐ、ベル・エポックやアール・ヌーヴォーの時代に舞い降りたかの気になれる。アール・ヌーヴォー調の彫刻が施されている鏡、チューリップ型のランプ、美しい女性像の彫刻に、ファイアンス陶器で飾られた壁面、そして天井には一面のステンドグラス。この店は1984年に歴史的建造物として指定され、ビストロとして営業を続けながらも当時の趣を保ってきた。モディリアーニもこの店の椅子でアルコールを飲んでいたかと思うと感慨深いものである。

フォブール・モンマルトルの有名なブイヨン・シャルティエを愛する人たちにとって朗報なのが、モンパルナスのこの店でもシャルティエならではの雰囲気が堪能できるということだ。ここでも黒の制服に白いエプロン姿のギャルソン達が店の評判を上げている。注文や会計は紙製のテーブルクロスの端になぐり書きという独特のスタイルも変わらない。

新しいシャルティエのコストパフォーマンスの高さにはパリの美食通たちも驚いている。この店の値段は表記の見間違いかと思うほどで、冬には野菜のポタージュが1€。フランクフルトとポテトの盛り合わせが6.5€、絶品の鴨のコンフィは10.6€、仔牛のマレンゴ風煮込みは11.2€。シャルティエ名物、アルコールのしっかり効いたデザート、ババ・オ・ラムは4.6€。ワインもとてもリーズナブルで、ボトル1本10€〜。量はそんなにという方には、ブッシュ・デュ・ローヌIGPのカラフ入りがあり、4.9€で分け合える。

モンパルナスのシャルティエも、予期せぬ出会いが楽しめる場だ。空いた席順に相席となるため、見知らぬ人と肩を寄せ合い、パンや塩を分かち合い、ギャルソンの仕草やデザートのあまりのボリュームに思わず目配せすることで、気付いたら会話が生まれてく。驚くほど良心的な値段で美味しい料理とギャルソンとのコミュニケーション、そして隣りあわせた人との一期一会を味わえる。シャルティエという店がパリジャン達に愛されてやまないのは、この店が、スノッブでもなく庶民的で気軽な出会いを楽しめ、店を出る頃にはすっかり元気になっているという、パリのビストロの本質を伝え続けている場だからだ。

モンパルナスタワーからすぐ

BOUILLON CHARTIER À MONTPARNASSE
ブイヨン・シャルティエ モンパルナス店
59 boulevard du Montparnasse, 75006 Paris
電話 : 01 45 49 19 00
最寄り駅 :メトロ 4,6,12,13番線 Montparnasse-Bienvenüe駅
バス : 82, 92, 94, 95, 96
営業時間:毎日 11h30 〜24h

 

 

Share.

Comments are closed.