パリのおすすめカフェ サラ・ベルナール Sarah Bernhardt

0

パリの中心部にあるシャトレ広場には、フランスの演劇界きっての悲劇女優として知られるサラ・ベルナールの名を冠した歴史的カフェがある。サラ・べルナールはミュシャのポスターでも有名な、世界的に活躍したベルエポック期の大女優。彼女が四半世紀を過ごした市立劇場の中にカフェ、サラ・ベルナールが存在する。ここはエレガントでシックだが、あたたかみがあり、パリの人々に愛されているカフェである。


このカフェに一歩足を踏み入れると、ベル・エポックの時代にタイムスリップしたような気になれる。アール・ヌーヴォー調のインテリアは、アーチや曲線、照明、ガラスの壁や床のモザイク、当時の家具など、細部に至るまでこだわりがあり、パリの黄金時代を彷彿させる。当時の劇場の世界も感じられ、サラベルナールの写真が壁の至る所に、彼女の絵はカウンターの奥に飾られている。
このカフェのよさは何といってもあたたかみがあることである。ここにはただワインを飲みに、ちょっとしたものをつまみに来てもいいし、食事をしに来てもいい。食事時には地元民や観光客が店に次々集まってくる。演劇が上演されるときに混みあうのはもちろんだ。

街の中心地にあるものの、料理は自家製でリーズナブル。シェフはインスピレーションに事欠かない。前菜にはゆでたまごのマヨネーズソース(6€)や寒い日に重宝するオニオングラタンスープ(9€)などがある。本日のオススメランチは13.9€からで、サーロインステーキのコショウ風味や、メカジキのソテーなどが味わえる。


メインには、フランス料理の定番である、スペアリブのレンズマメ添えやコショウ風味の鴨の胸肉の燻製だけでなく、ジャガイモ、トースト、生ハムが入ったボリュームたっぷりのサラダ・サラ・ベルナールもおすすめだ。主人のギィ氏は肉を愛し、 アンドゥイエットだけでなく、オーベルニュ地方特産のサレール牛の鉄板焼もある。美味しい肉料理にマッチするリーズナブルなワインも取り揃えている。メインだけでなくデザートも自家製にこだわっており、豊富な種類のクレープやアイスクリームが7€前後でいただける。

 

 

Le Sarah Bernhardt

住所:2, place du Châtelet – Paris 75004
営業時間:毎日午前7時から夜12時
電話番号: (33) 1 42 72 00 71

 

Share.

Comments are closed.