ル・サンス・ユニック Le Sens Unique

0

ル・サンス・ユニックは、シャンゼリゼ界隈にある、親しみやすい雰囲気で食通をうならせるビストロ。常連客たちは、ペリゴール地方の食材を使ったとびきり美味しい料理を味わいにやって来るのです。ボルドーの東に位置するペリゴールは、黒トリュフや豚やガチョウをはじめとする質の高い食文化と美しい風景で有名な地方です。

sens1-351x185@2x

truffeこの店でお客さんをお迎えするはイノシシのルディ。ルディはこの店の主人、ブリュノさんの友人の猟師がしとめたイノシシなのです。ブリュノさんの故郷のおばあちゃんが使っていた胡椒ミルも、この店のカウンターに置かれています。ミルはジャガイモの味付けをするときに使うのです。カウンターの上にはソーセージがぶらさがり、ワインクーラーの中では、リュイナールのシャンパーニュの瓶が空けられるのを待っています。

sens7
ブリュノさんいちおしのアペリティフは、生ハムとサラミの盛り合わせに、ペリゴール地方のパスティスか、コート•ド•ローヌ地方の歴史あるワイン畑のブドウを使ったうっとりするようなワインです。ガチョウのリエットや、ガチョウの首の詰めもの、フォワグラを使ったガランティーヌというパテのような料理など、ガチョウを使用した食材は、ペリゴール在住の従兄弟のグザビエさんが作ったもの。これらはル・サンス・ユニックの牛肉同様、無上の喜びを感じてしまえる美味しさなんです。

sens2

もちろん、トリュフ入りオムレツもぜひ試してみてください。ブリュノさんはトリュフを何日か卵の隣において、香りが卵に移って行くように工夫しています。また、生乳でできたノルマンディ地方のカマンベールチーズやオーベルニュ地方のサン•ネクテールなどのチーズもおすすめです。料理のしめにはぜひ極上の自家製デザートを。

sensUnique_toni

ル・サンス・ユニック Le Sens Unique
住所:47, rue de Ponthieu 75008 Paris
電話: 01 43 59 76 77
メトロ:1番線 Franklin Roosevelt

Share.

Leave A Reply

*